春の校外学習で福知山城を散策!

6月26日(金)春の校外学習(遠足)を実施しました。通信制課程の春の行事として、例年は進路学習を兼ね、大学など校外施設見学を実施していますが、本年度は新型コロナウィルス感染症予防対策を考慮して、この時期のマイクロバス移動を中止し、サポートセンターから徒歩での移動で、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀ゆかりのお城、地元、福知山の宝物でもある福知山城の散策に行ってきました。

前日も大雨が降り、当日も予報では雨となっていましたので、かなり心配しましたが、集合時より小雨程度で写真でもわかるように、何とか大降りせずに無事終了することができました。お城の散策は、参加してくれた男子11名、女子20名の計31名を3班に編成し、見学コースとして大きく3か所(天守閣・外堀石垣・光秀ミュージアム)を設定し、それぞれ時間を決めて巡りました。普段の生活では体験できないお城の見学で、レクリエーションも兼ね、新しい思い出を作りの機会にもなったのではないでしょうか。天守閣からの市内の眺めは本当に素晴らしいものでした。歴代の城主たちと同じ目線で見るということが歴史好き、お城好きの人たちには何物にも代え難いことなのだと思いました。コースはけっこうアップダウンもあり、かなりの汗をかきました。おかげで午後は身体が軽かったようなのは、私だけ………だったかも知れません。

福知山城1 福知山城2 福知山城3 福知山城4

ここで、お城の紹介を少し、福知山城は丹波国を平定した明智光秀によって築かれた(正確にはもともとあった塩見氏の横山城を石垣づくりの城として改修された)お城です。城主は光秀の娘婿である明智秀満がつとめました。現在は福知山城公園として整備されています。天守閣は1985年(昭和60年)に復元されたもので、福知山市郷土資料館の施設となっています。福知山城は盆地の真ん中にある小高い丘の上に建っているため街のどこからでもよく見えますし、JR福知山線の列車内から見ることもできます。城下町整備や治水工事などの功績により、光秀は地元でたいへん愛されています。なお、福知山市役所市長公室秘書広報課シティプロモーション係主事の中井啓太様には、今回の校外学習の計画・準備の段階からご協力をいただき、当日も大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

福知山城5 福知山城6 福知山城7 福知山城8

参加生徒の皆さん、本当にお疲れ様でした。通信制課程では、来月7月3日(金)に福知山市民体育館を会場に“スポーツ練習会”を予定しています。行事に参加することで生徒同士の交流を深め、友人を増やす機会にもなりますので、今回は参加できなかったけれど次はぜひ参加してみてください。皆さんの参加をお待ちしております。

 

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.