きもの着付け実習に挑戦しました。

皆さん、こんにちは。京都共栄学園高等学校通信制課程サポートセンター福知山校です。サポートセンターでは7月19日(金)本校できものの着付け実習に挑戦しました。この実習は京都和装産業振興財団が感性豊かな若い世代が直接きものに触れることがきもの文化の継承・発展につながると考え、1994年から始めた高校生等を対象とした「学校教育におけるきもの着付実習事業」の一環で、本年度は本事業拡充のため、参加校の募集を行い、本校も応募して申込み多数の中、見事選ばれ開催することができました。財団より女性講師3名が来校され、今回は夏開催でもあり、ゆかたの着付けを指導してもらいました。当日参加してくれた男子4名、女子13名の皆さんは、初め講師の方がされる帯結びまでのお手本を見せてもらい、それから各自説明を受けながら、それぞれ練習しました。今回生徒一人ずつにゆかた一式が準備され、丁寧な説明で生徒も安心して装うことができました。男子を指導された講師の方からは、「本日の生徒はたいへん手際が良く、帯も本当に綺麗に結ぶことができました。」とお褒めのことばを全員いただきました。女子もたいへん艶やかで、全員バッチリ決まっていました。最後はゆかたのたたみ方やしまい方を教わりました。

参加してくれた皆さん、ゆかた姿もたいへん素敵でした。お疲れ様でした。普段着ることの少ないゆかたかも知れませんが、教わったことを活かして、今年の夏はゆかたで花火大会や夏祭りに出かけてみてはいかがでしょう。

着物着付1 着物着付2 着物着付3 着物着付4 着物着付5 着物着付6 着物着付7 着物着付8

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.