救命講習で心肺蘇生やAEDの取り扱いを学習しました。

11月24日(金)福知山市消防防災センター庁舎にて救急救命の講習会を開催しました。男女生徒14名と教員3名が5つのグループに分かれて取り組みました。昨年度や過去に講習経験のある人もいましたが、初めのうちは少し自信のない表情でした。しかし、福知山消防署警防課救急係の職員の方々に丁寧に時間をかけて同じことを繰り返し指導を受ける中で、しだいに協力者への依頼の声掛けにも大きな声が出ていました。

当日は、救命処置として心肺蘇生では胸骨圧迫と人工呼吸、AEDの使い方、さらにのどにものが詰まったときを想定して、気道異物の除去方法を主に学びました。各グループでは質問も多く出ていたようで全員が積極的に何回も繰り返し体験しました。職員の方からは、実際に現場での状況や体験談も話してもらうことができて、生徒の皆さんにとってたいへん貴重な経験となりました。終了時には、初めと違って自信ありの表情ですと言ってもらったことがうれしかったです。実際にその状況に面したとき、この講習で学んだことをぜひ活かしてください。そのためには少しの勇気が大切だということも教わりましたね。皆さん本当にお疲れ様でした。後日、消防署より修了書が届きます。救命講習1救命講習4救命講習6救命講習3救命講習8救命講習7救命講習5救命講習2

 

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.