市民救命士養成講座を受講しました。

11月20日(金)市民救命士養成講座を希望者参加で実施しました。午前中に本校情報教室において清水先生の指導の下、総務省消防庁配信の「一般市民向け応急手当WEB 講習」を動画などを視聴しながら約1時間行いました。救える命を救うために適切な応急手当を5つの項目で学習しました。それらを終了した時点で「終了テスト」が出題され、20問中16問以上の正解で合格し「受講終了証」が発行されます。少し心配気味の生徒もありましたが、参加した10名の生徒と本校より体育科の嶋田博美先生を含む4名の教員全員が合格しました。少しのお昼休憩をはさんで午後の実技講習に向かいました。会場を本校の隣にある福知山市防災センターに移し、消防署警防課と救急隊員の2名の署員が講師として、救急車が到着するまでに傷病者の命を救う一連の行動を約2時間教えていただきました。心肺蘇生訓練用人形は1人1台を使用して、何度も繰り返し胸骨圧迫を練習しました。AED(自動体外式除細動器)の操作については、4班に分かれて代わるがわる実践しました。実技に多くの時間をかけていただいたおかげで、参加生徒は自信もつき、最後には講師の署員の方に質問もしていました。全員が真面目に取り組み、人命救助というとても大切な時間を共有できたことをたいへん嬉しく思いました。参加した皆さんには「普通救命講習終了証」(救命技能を有する認定証)が福知山市消防長より後日交付されます。皆さん、本当にお疲れ様でした。

救命講習1 救命講習2 救命講習3 救命講習4 救命講習5 救命講習6 救命講習7 救命講習8 救命講習9 救命講習10

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

秋のクッキングスクール開催!そば打ちに挑戦‼

皆さん、こんにちは。11月に入り朝晩とお昼の寒暖差に身体の調子を合わせるのがたいへんですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。サポートセンター福知山校では11月6日(金)本校4号館調理室で恒例になりました“秋のクッキングスクール”を開催しました。講師には本校家庭科の玉川先生と、特別講師として本校宿直員の芦田さんと用務員の日和さんをお迎えし、“そば打ち体験”に挑戦しました。

そば打ち体験2 そば打ち体験3

先ずは芦田さんと日和さんに、実際にそばを打っていただき、一通りの工程を見せてもらいました。お二人はそば打ちのベテランで、今回の手打ちそばの工程に必要な道具も全部、用意していただきました。季節やその時のお天気で、水の量も少しずつ変わるそうです。今回参加してくれた14人は全員がそば打ち初体験、そば粉だけで生地を作るにはたいへんな技術が必要なため、今回はつなぎに小麦粉を使い、失敗の少ない二八そばを教えていただきました。そば粉は芦田さんがお知り合いより取り寄せてくれた新そばの粉でした。生地の硬さを知るために、途中で生徒全員が触ってみたりしました。次はそれぞれ自分たちで打つ番です。

そば1 そば2 そば3 そば4 そば5 そば6 そば7 そば8

自分たちで打ったそばは、持ち帰ることにして、講師の方々が打ったそばを試食しました。打ち立てのそばは香りもよく、本当に美味しいおそばでした。そば湯のことも教えてもらい、全員で美味しくいただきました。最後は芦田さんと日和さん、玉川先生より講評をいただき、今回参加の生徒の皆さんは、本当に初めてとは思えないほど手際が良く、上手でしたと褒めてもらいました。茹でるときのコツは、多めのお湯を沸かしてくぐらせることも教わりました。持ち帰ったそばは上手く湯がけたでしょうか。また、教えてくださいね。参加してくれた皆さん、笑顔いっぱいのクッキングスクールにしてくれたことをうれしく思います。本当にお疲れ様でした。12月には家でも年越しそばにチャレンジしてみてください。

そば打ち体験1 そば打ち体験5

 

 

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

令和2年 秋の校外学習を実施しました。

集団行動や普段体験できない行事に参加することで生徒間の親睦をはかり、思い出を作る機会とすることと、この機会に大学や専門校を見学し、授業を体験することで見聞を広め、今後の進路選択のヒントに繋げてもらうことを目的に、10月16日(金)に秋の校外学習を実施しました。本年度は新型コロナウイルス感染症予防対策を考慮し、長距離のマイクロバス移動を中止して、福知山市内にあります福知山公立大学と京都府立福知山高等技術専門校を訪問しました。どちらもサポートセンターから本当に近いところにあることに先ずは驚きました。

午前中に福知山公立大学を訪れ、本校卒業生で情報学部准教授の衣川昌宏先生に「情報セキュリティ最前線」というテーマで模擬授業を行っていただきました。衣川先生は高校時代の思い出や高校・大学を通しての自身の取り組みを交え、インターネットとの出会いなど話題も豊富に話してくれました。講義のあとは入試係中尾智様から大学紹介と進路説明があり、高校と大学の学びの違いや大学の学問系統の分類は、本当にわかりやすくお話していただきました。進路説明のあと入試係今田博子様にもお世話になり2班に分かれて施設を見て回りました。時刻も正午を過ぎるとお腹も空き、施設見学の後は広い学食を利用させていただき、各自食券を買って昼食をとり、大学での予定を終了しました。

公立大学1 公立大学2

公立大学3 公立大学4

福知山公立大学を後に午後からは京都府立福知山高等技術専門校を訪れました。大学からは15分程度の移動で到着しました。講義室に入り、専門校の吉田周史校長先生よりご挨拶いただき、河﨑博行課長より京都府内の高等技術専門校の紹介と福知山高等技術専門校の自動車整備科・ものづくり基礎科・総合実務科・キャリアプログラム科を説明していただきました。専門校の特徴は少人数制、多くの資格取得で就職に有利、充実した就職支援。最大の特徴は府立の施設ということで自動車整備科以外は入校選考料・入校料・年間授業料が無料ということです。経済的な負担を考えたら本当にこの専門校の情報は確認すべきです。進路説明では大学や専門学校は文部科学省管轄ですが、専門校は厚生労働省管轄であることも分かりました。説明後は先生方の案内で訓練中の授業風景を見せていただきました。参加した生徒は自分の目で見て確かなものを得たようでした。本校通信制課程卒業生で自動車整備科を卒業し、現在、福知山市内の会社に就職して頑張っている先輩もいます。

専門校1 専門校2 専門校3 専門校4

参加した生徒の皆さん、進路選択のヒントになりましたか。また、両校で体験したことを活かして、これからも自分でどんどん進路に関する情報を集めてください。参加した生徒どうしで話しもできましたか。今回の校外学習でたいへん有意な時間を一緒に過ごすことができました。本当にお疲れ様でした。今回参加できなかった人も両校から学校案内資料を預かりましたので、興味のある人は申し出てください。

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

令和2年度 第71回両丹定通総体に参加しました!

9月19日(土)に福知山市の三段池公園総合体育館で令和2年度第71回両丹高等学校定時制通信制総合体育大会が開催されました。今大会は新型コロナウイルス感染予防対策のため、開会式と閉会式並びに表彰式を中止し、各校選手や教員の参加者全員が健康観察シートと行動記録シートへの記録を欠かさず取り組んで臨んだ大会となりました。当初はコロナ禍の影響で開催も危ぶまれましたが、大きな事故やケガも無く、スムーズに各会場で競技が進行され、無事終了することができました。

本校では9月11日(金)に福知山市民体育館で練習会を実施し、選手登録も18名と多く、大会当日は応援生徒を加えて30名となり、サポートセンターからは学校マイクロバスでのピストン送迎となりました。会場では選手はお揃いの「どんまいTシャツ」に着替え、どの競技にも熱戦を展開してくれました。会場の三段池公園総合体育館は広くて館内も明るく、選手の顔がよく見えました。大会後の専門部の講評の中に、例年にない生徒が楽しそうに取り組んでいたように思われる。との意見もありました。どの競技の選手も試合だけでなく、審判や補助員としての裏方も丁寧に務めてくれました。

両丹定通総体1 両丹定通総体2 両丹定通総体3 両丹定通総体4 両丹定通総体5 両丹定通総体6 両丹定通総体7 両丹定通総体8 両丹定通総体9 両丹定通総体10 両丹定通総体11 両丹定通総体12 両丹定通総体13 両丹定通総体14

本年度の大会結果を報告します。

バドミントン女子チーム    予選リーグ敗退

バドミントン男子チーム    予選リーグ敗退

ソフトバレーボールチーム   予選リーグ敗退

卓球 女子 個人       第3位

卓球 男子 個人       ベスト16

以上です。

大会結果は残念だったかも知れませんが、リーグ戦を通してたくさん出場機会があり、新しいチームワークも生まれたように感じます。選手として出場してくれた皆さん、応援に駆けつけてくれた皆さん、本当にご苦労様でした。たくさんの応援に感謝します。皆さん、これからがスポーツの秋本番です。卒業予定者の皆さん、進路達成を目指して頑張ってください。皆さんの進路が決まった頃に、また、練習会を企画しますので楽しみにしていてください。大会に参加できなかった皆さんも、その時にいい汗かきましょう。

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

スポーツ練習会を開催!今年は経験者多し!

7月3日(金)福知山市民体育館を会場に、スポーツ練習会を開催しました。通信制課程の体育行事ですが、レクリエーションも兼ね、この機会に生徒同士の交流を深めてもらったり、日頃の運動不足を解消しませんか、と参加を呼びかけたところ、昨年度より多くの男子12名、女子14名、計26名の参加がありました。初めに集合写真を撮り、軽いストレッチから始め、準備運動をしっかり行ってから、全体を2組に分けて先ずはソフトバレーボールで身体を動かしました。次に本校体育科嶋田博美先生の指導で、全体を3組に編成しなおして、ソフトバレーボールの試合形式・バドミントン・卓球の3種目に分かれ、それぞれ時間を決めて練習しました。途中十分休憩をはさみ、給水もしっかり摂って事故やケガも無く、全員でいい汗をかきました。本年度は男女ともに卓球の経験者が多く、マイラケット持参の生徒もいて、軽快な動きとラリーを見せてくれました。とっても素敵でした。今後も練習を重ね、秋の総体に向け、出場種目やチーム編成をみんなで相談したいと思います。皆さん、お疲れ様でした。次もいい汗かきましょう!

スポーツ練習会1 スポーツ練習会2 スポーツ練習会3 スポーツ練習会4 スポーツ練習会5 スポーツ練習会6 スポーツ練習会7 スポーツ練習会8

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

春の校外学習で福知山城を散策!

6月26日(金)春の校外学習(遠足)を実施しました。通信制課程の春の行事として、例年は進路学習を兼ね、大学など校外施設見学を実施していますが、本年度は新型コロナウィルス感染症予防対策を考慮して、この時期のマイクロバス移動を中止し、サポートセンターから徒歩での移動で、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀ゆかりのお城、地元、福知山の宝物でもある福知山城の散策に行ってきました。

前日も大雨が降り、当日も予報では雨となっていましたので、かなり心配しましたが、集合時より小雨程度で写真でもわかるように、何とか大降りせずに無事終了することができました。お城の散策は、参加してくれた男子11名、女子20名の計31名を3班に編成し、見学コースとして大きく3か所(天守閣・外堀石垣・光秀ミュージアム)を設定し、それぞれ時間を決めて巡りました。普段の生活では体験できないお城の見学で、レクリエーションも兼ね、新しい思い出を作りの機会にもなったのではないでしょうか。天守閣からの市内の眺めは本当に素晴らしいものでした。歴代の城主たちと同じ目線で見るということが歴史好き、お城好きの人たちには何物にも代え難いことなのだと思いました。コースはけっこうアップダウンもあり、かなりの汗をかきました。おかげで午後は身体が軽かったようなのは、私だけ………だったかも知れません。

福知山城1 福知山城2 福知山城3 福知山城4

ここで、お城の紹介を少し、福知山城は丹波国を平定した明智光秀によって築かれた(正確にはもともとあった塩見氏の横山城を石垣づくりの城として改修された)お城です。城主は光秀の娘婿である明智秀満がつとめました。現在は福知山城公園として整備されています。天守閣は1985年(昭和60年)に復元されたもので、福知山市郷土資料館の施設となっています。福知山城は盆地の真ん中にある小高い丘の上に建っているため街のどこからでもよく見えますし、JR福知山線の列車内から見ることもできます。城下町整備や治水工事などの功績により、光秀は地元でたいへん愛されています。なお、福知山市役所市長公室秘書広報課シティプロモーション係主事の中井啓太様には、今回の校外学習の計画・準備の段階からご協力をいただき、当日も大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

福知山城5 福知山城6 福知山城7 福知山城8

参加生徒の皆さん、本当にお疲れ様でした。通信制課程では、来月7月3日(金)に福知山市民体育館を会場に“スポーツ練習会”を予定しています。行事に参加することで生徒同士の交流を深め、友人を増やす機会にもなりますので、今回は参加できなかったけれど次はぜひ参加してみてください。皆さんの参加をお待ちしております。

 

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

布マスク作りにチャレンジ!

皆さん、こんにちは。全国に緊急事態宣言が発令され、休校措置が長く続きましたが、現在は解除され、本校も感染症予防対策ガイドラインに則り5月25日(月)より学校が再開されました。例年ならこの時期に春の行事として、クッキングスクールを開催し、本格的な料理を実施していましたが、本年度は変更して、新型コロナウイルス感染症予防対策の一環も兼ね、布マスク作成会を実施しました。

6月12日(金)本校視聴覚教室を会場に、家庭総合と特別教育活動の授業として、実施した結果、当日は男子9名、女子14名の計23名の出席がありました。広い教室ですが、3密にならないよう座席を配慮し、本校家庭科教員の玉川先生の指導で、生地の選択、裁断からミシンでの縫い上げ、さらにはアイロンでの型押しまで、丁寧に指導していただき、各自でオリジナルのマスク作りにチャレンジしました。ミシン初体験の生徒もあり、ドキドキヒヤヒヤの連続、本当に表情は真剣そのものでした。

当日の様子は、清水先生作成の動画でも配信されていますので、そちらでも視聴してください。当日作成したマスクは、今は誰が使っているのでしょうか。途中、失敗したかなっと思った人も多くいましたが、そこは玉川先生と猪又先生が、ばっちりフォローしてくれたおかげで、全員上手く出来上がりました。皆さん、お疲れ様でした。せっかく再開された学校です。新しい生活様式に取り組んで、これからも感染拡大対策をしっかり続けましょう。

マスク1 マスク2 マスク3 マスク4 マスク5 マスク6

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

令和2年度 新入生の皆さん ご入学おめでとう!

令和2年4月11日(土)、入学式が挙行され、新入生11名の入学が許可されました。初めは緊張した表情の新入生でしたが、在校生からの温かい歓迎の言葉で、少し安心した様子で笑顔も見られました。ここ京都共栄学園高等学校通信制課程で新たな学校生活を送る皆さんが、一日も早く在校生の皆さんと一緒に充実した高校生活を過ごせるよう、教職員一同心から祈っております。

そして、今年も多くの在校生が出席してくれました。久しぶりの再会で笑顔も多く見られました。式典終了後には、会場(視聴覚教室)の原状回復作業にも協力してくれました。在校生の皆さん、本当にありがとうございました。

R2入学式1 R2入学式2 R2入学式3 R2入学式4 R2入学式5 R2入学式7 R2入学式8 R2入学式6 R2入学式9 R2入学式10

さて、入学始業式を終え令和2年度が始まったばかりですが、本校の通学圏である近隣の府県には非常事態宣言が出され、京都府も新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に府を追加するよう政府に要請したところです。本校は今後の地域での感染拡大のリスクを鑑み、4月13日(月)から5月6日(水・祝)までを臨時休校とし、サポートセンターも休校いたします。ただし、今後の感染拡大の状況により、再開の延期もありうることをご承知おきください。

各ご家庭ではお子様の安全を第一に考えた行動をしていただき、引き続き感染症対策へのご協力をよろしくお願いいたします。

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

第17回卒業証書授与式が挙行されました!

全日制卒業式の翌日、2月21日(金)に通信制課程第17回卒業証書授与式が本校の4号館視聴覚教室で挙行され、本年度は17名の生徒が晴れやかに卒業していきました。式では、卒業生一人ひとりが呼名され、学校長より卒業証書が一人ずつ手渡されました。学校長式辞の後、来賓紹介、祝詞の披露と続き、在校生代表からの温かい送辞、そして、卒業生代表からの心のこもった答辞が終わる頃には、保護者の中に涙されている方もおられたように思われます。

卒業式1 卒業式2

本年度も来賓、保護者、在校生と出席者が多く、式終了後の集合写真の後も、会場を飾っている生花の前では、親子でまたは友達同士で代わるがわる記念写真を撮っていました。そして、来賓として出席いただいた中学時にお世話になった恩師や、前籍高校の旧担任より祝福の言葉をかけていただき、たいへん素晴らしい式典にしていただきました。ご来賓の皆様に心からお礼申し上げます。

卒業式4 卒業式3

後になりましたが、今日まで雨の日も風の日も、ずっと傍らでお子様を支え続けた来られた、保護者の皆様に心より敬意を表します。お蔭をもちまして、素敵で感動的な卒業式となりましたことをご報告し、通信制課程に関わっていただいた全ての皆様に改めまして、感謝申し上げます。

今年も在校生の皆さんがたくさん出席し、卒業式に花を添えてくれました。そして、式典終了後には会場の後片付けを最後までお手伝いいただきました。本当にありがとうございました。

卒業式5 卒業式6

「石の上にも三年。三年も我慢したのは石の方。」卒業生の皆さん、身体を大切に、出会いを大切に、感謝の気持ちを忘れず、また新しい一歩を踏み出してください。そして、疲れた時はサポートセンターに休みに来てください。いつでもお待ちしています。また会いましょう。

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。

救命講習で応急手当と救命処置を学習しました。

11月15日(金)福知山市防災センターで救命講習を開催しました。昨年度1年間、福知山市で発生した心肺停止件数は200件。その内搬送されたのが100人、残りは時間が経過し過ぎて搬送されなかったそうです。搬送された100人の内、元の生活に戻れたのは9%。助かった人の多くは応急手当、救命処置があったことが要因だということです。

今年は全体での講義は短めで、福知山消防署警防課の2名の消防署員さんの指導の下、参加した男女生徒10名と本校より体育科竹内先生を含め教員3名が2班に分かれて実技に取り組みました。救急車が到着するまでに傷病者の命を救い、社会復帰に導くために必要となる一連の実践を「救命の連鎖」といいます。昨年度や過去に講習経験がある人もいましたが、改めて心肺蘇生(胸骨圧迫)の方法とAED(自動体外式除細動器)の操作方法を何度も繰り返し実践しました。実技に多くの時間をかけていただいたことで、生徒の皆さんも、初めはぎこちない動きがありましたが、段々と自信がついて最後には、色々と質問をしていた生徒もいました。生徒の皆さんが真剣に取り組んでいたことが印象的で、人命救助という大事な時間を全員で共有できたことをたいへん嬉しく思いました。

当日配布された「応急手当講習テキスト(救急車がくるまでに)」をもう一度見直しておくことも有意義なことです。家族や最愛の人を救うために、また、実際にその場に居合わせた時にこそ、今回この講習で身に付けたことを実践してください。皆さん本当にお疲れ様でした。参加した皆さんには後日、「普通救命講習修了証」(救命技能を有する認定証)が交付されます。

ここでクイズを1問(答えは最後にあります)。

昨年度1年間で福知山市にある消防署所属の救急車(6台)が出動した回数は何回か?

救命講習1 救命講習2 救命講習3 救命講習4 救命講習5 救命講習6 救命講習7 救命講習8 救命講習9 救命講習10 救命講習11 救命講習12

答えは、昨年度1年間で、3674回だそうです。1日に10回は出動しています。

Posted in お知らせ | コメントは受け付けていません。